何のために生きるのか

Front Cover
致知出版社, Nov 21, 2005 - Conduct of life - 262 pages
共に昭和七年生まれ。十三歳で敗戦。その後、様々な精神的遍歴を踏み越えて一人は作家、一人は実業家に。その二人が長い歳月を経て、ここに出会い“魂の友”として縦横に語り合った「人は何のために生きるのか」。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information