コミュニケーションの政治社会学: メディア言説・ヘゲモニー・民主主義

Front Cover
ミネルヴァ書房, 2012 - Communication in politics - 249 pages
本書は、戦後日本の政治社会における政治コミュニケーションの諸相を分析し、「カルチュラル・スタディーズ以降」の理論的刷新を試みる。とくにカルチュラルスタディーズの特徴を捉えながら、以降の政治コミュニケーション研究における「批判的アプローチ」の再構築を試み、政治コミュニケーションに関連した現代の政策過程の分析を行いながら、メディアと民主主義との新たな関係性を展望する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information