基礎衛生・公衆衛生学

Front Cover
本書は、最近の衛生学・公衆衛生学をわかりやすく解説することに主眼をおいて執筆したものである。第2版では、生活習慣病の予防、脳死を含む臓器移植、介護保険など比較的生活に直結することに関係した課題を必要とされる時代となったことに対し、追補部分を編集しなおし、また新たに、医学と倫理、感染症新法、母体保護法、喫煙・飲酒問題、腸管出血性大腸菌O‐157、飲料水の水質基準、ダイオキシンを含む環境ホルモン、作業現場における快適環境、トータル・ヘルス・プロモーション・プラン、地域保健法、在宅・施設介護と介護保険などを追加した。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information