大学時代に学ぶべきこと、学ばなくてよいこと

Front Cover
PHP研究所, 2003 - 219 pages
大学には入ったものの、何をしたらいいのか、何がしたいのかがわからない君たちへ―本書は、「大学は自分をつくる最初の実験場所」と語る著者が、いい教師の見つけ方、留学の効用と危うさ、学びたくないものを学ぶ効用など、大学という場を最大限に活かす方法をアドバイス。大切な4年間を無駄に過ごさないための「学問と人生」の指南書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information