テレビの日本語

Front Cover
岩波書店, 2012 - Mass media and language - 244 pages
テレビが誕生して来年で六〇年。当初穏やかに語りかけていたテレビが、今や朝から晩まで声高にしゃべり続ける饒舌なメディアへ変わった。報道番組もお笑い番組も隙間なくしゃべり続けるようになったのはいつからか。ニュースのことばを中心にテレビの歴史をふりかえりながら、その要因を探り、テレビの日本語の今を考える。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information