明治維新と幕臣: 「ノンキャリア」の底力

Front Cover
中央公論新社, Nov 25, 2014 - Japan - 233 pages
明治維新は、西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允ら薩長土肥の志士が中心となって成し遂げたというイメージが強い。進取の気風に富む西南雄藩が、旧態依然たる江戸幕府に取って代わったのは、歴史的必然だったとさえ捉えられている。だが本当に幕府は無為無策で、すぐれた人材を欠いていたのか。本書は、行政実務に精通し、政権交代後も継続登用された中・下級の旧幕臣たちに光を当てるものである。明治維新への新たな視座。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information