日本の産業革命: 日清・日露戦争から考える

Front Cover
朝日新聞社, 1997 - Industries - 290 pages
戦争が支えた日本の近代。製糸・紡績、鉄道、鉱山そして銀行...。明治の国家目標「殖産興業」は、いつ、なぜ、どのように「強兵」へと転換したのか。19世紀後半の世界経済の中で日本が選択した道。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information