脱藩大名の戊辰戦争: 上総請西藩主・林忠崇の生涯

Front Cover
中央公論新社, Sep 25, 2000 - Daimyo - 212 pages
戊辰の戦火は間近に迫っていた。徳川三百年の恩顧に報いるに、今をおいて時なし―佐幕一途の志に燃えて上総請西藩主の座を捨てた若き林忠崇は、旧幕臣の集う遊撃隊に参加し、人見勝太郎、伊庭八郎らの同志を得る。箱根、小田原で東上する官軍と激突。その後も奥州各地を転戦して抵抗を続けた。戦乱に死すべき命を長らえた忠崇は、官史、商家の番頭、神主など職を転々とし、昭和十六年、九十四年の生涯を閉じた。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information