壊れゆく世界と時代の課題

Front Cover
市野川容孝, 小森陽一
岩波書店, 2009 - Japan - 231 pages
世界が大きく揺れ動き、時代は未曾有の転換点を迎えている―こうした言葉がレトリックではなく、実感として私たちに迫りくる現在、思考の向かうべき課題とはなにか。シリーズ「思考のフロンティア」の編集協力者たちが再結集し、危機的状況からの突破口をさぐる。構想力の再生に向け、五つのテーマをめぐって展開する白熱の討論。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information