ワーズワス詩集(対訳): イギリス詩人選 3

Front Cover
岩波書店, 1998 - 210 pages
イギリス・ロマン主義を代表するワーズワス(1770‐1850)は、自然観照の詩人として明治期から広く親しまれてきた。英詩の歴史に画期をなす『抒情歌謡集』所収の「茨」「ティンターン修道院」をはじめ、自伝的な長篇叙事詩『序曲』の抜粋を対訳でおさめ、詳注を付す。英詩を原文で楽しもうとする人々のために編まれた1冊。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information