チョーサー カンタベリー物語: ジャンルをめぐる冒険

Front Cover
慶應義塾大学出版会, Apr 25, 2019 - 247 pages
「英詩の父」チョーサーの代表作『カンタベリー物語』。カンタベリー大聖堂への巡礼の途上、職業も身分も異なる巡礼たちが語る多種多様な物語は、キリスト教を支柱とする一枚岩的な世界とは異なる、豊饒な世界を描き出し、物語文学のジャンルを拡張した。神が細部に宿る物語世界のダイナミズムを丁寧に描く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information