検証安倍イズム: 胎動する新国家主義

Front Cover
岩波書店, Oct 20, 2015 - Japan - 224 pages
「美しく誇りある」父のような国家が、国民一人ひとりを子のように指導し、守っていく―。異次元緩和や賃上げ税制など経済政策から教育、憲法改正、安全保障法制まで、安倍流国家介入型政治に通底するのは「国家の善意」である。その思考と意志を、国会審議や諮問会議議事録など「首相自身の言葉」から探る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information