百年の仇: くらがり同心裁許帳

Front Cover
光文社, 2021 - 336 pages
三年程前、津軽藩の江戸家老が殺された。罪を白状した男が鋸挽になったのだが、その直前に、現場から逃げ出していた奥女中が男の無実を訴えていた。再度の探索も上手くいかず、くらがりに落ちたこの事件を、永尋書留役の角野忠兵衛が調べ始める。先日あった南部と津軽の人間による仇討ち騒ぎもこの事件に繋がっているようで...。(表題作)待望の書下ろし新章開幕!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information