数学で未来を予測する: ギャンブルから経済まで

Front Cover
PHP研究所, Mar 21, 2014 - Mathematics - 259 pages
先が不透明な時代、数学で未来を見通せないか!数学で先を読むためにはどういう条件が必要だろうか。身近な自然現象から、社会や経済の動き、ギャンブルまで、未来を予測する数学にはどのようなものがあるのか、データをどう読むのか、確率や統計の見方・考え方、を見ていく。数学で先を予測できることにはどんなことがあって、数学では先を予測できないことはなんなのか、探っていく。一般に「ギャンブル必勝法」と言われる「倍賭け法」「マルチンゲール法」などを実際にコンピュータを使って検証していく。さらにはノーベル経済学賞を受賞し、一時期、金融工学としてもてはやされた「ブラック・ショールズの方程式」とはどんなもので、そこにはどのような「落とし穴」があったのか、考えていく。「数学で未来を予測できるのか?」という難問に逃げることなく、正面から数学者が答えようとしたのが本書である。 【PHP研究所】
 

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Contents

Section 1
16
Section 2
22
Section 3
27
Section 4
37
Section 5
41
Section 6
63
Section 7
68
Section 8
74
Section 9
91
Section 10
96
Section 11
103
Section 12
106
Section 13
107
Section 14
112
Section 15
120

Other editions - View all

Bibliographic information