明解3次元コンピュータグラフィックス

Front Cover
共立出版, 2003 - 191 pages
本書は演習を含まない半期の講義で使用することを前提に執筆された。講義主体のCG教育で重要なことは、理論的な説明だけにとどまらず、各種の手法やアルゴリズムが実際の画像や計算時間にどのように反映されるのか、その微妙な違いを具体的サンプルで解説することであろう。講義の合間にプロジェクターを使って実際のレンダリング画像やリアルタイムレンダリングの様子を提示すれば、CGの魅力を実感してもらえるし、息抜きにもなる。CGの原理に加え、その美しさと楽しさが伝われば、早く実際に作ってみたいというインセンティブが湧き上がってくる。それこそが本書のねらいである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information