人生の1冊の絵本

Front Cover
岩波書店, 2020 - 350 pages
絵本と出会い、何かが変わっていくかもしれない...。こころが何かを求めているとき、悲しみのなかにいるとき、絵本を開いてみたい。幼き日の感性の甦りが、こころのもち方の転換が、いのちの物語が、人を見つめる木々の記憶が、そして祈りの静寂が、そこにはある。一五〇冊ほどの絵本を解説しながら、その魅力を綴る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information