格差社会

Front Cover
ミネルヴァ書房, 2012 - Equality - 174 pages
「格差社会」という言葉が使われるようになってから十数年が経過し、国民の主要な関心事の一つとなっている。そして政策面においてもこれを是正するために改革が実施されたが、どれだけ有効性を持っているのだろうか。本書では、気鋭の執筆陣が実証データをもとに「格差」に関して様々な角度からアプローチし、現状と課題をあぶりだし、今後取るべき対策を論じる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information