武蔵野をよむ

Front Cover
岩波書店, 2018 - Musashi Region (Japan) - 215 pages
国木田独歩「武蔵野」。二六歳の青年が失恋の果てに綴り、一二〇年前に発表されたこの短篇(岩波文庫でわずか二八頁)は、当時にして新たな近代の感性に満ち、今にして豊穣で尽きせぬ発見がある。独歩の日記、古地図、植生や水利等の資料を駆使した、冒険的かつ愉楽的な精読。その先に武蔵野学のはじまりを予感しながら―

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information