世界滅亡国家史: 消えた48か国で学ぶ世界史

Front Cover
サンマーク出版, 2022 - 320 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
「覇権」とは? 「国境」とは? 「国家」とは?
消えた48か国で学ぶ新視点の世界史!
とんでもなく深い歴史教養が身につく!

ウクライナ情勢、ロシア侵攻......
世界地図が変わろうとする
いまこそ学ぶべき世界史

★オックスフォード大出身の稀才による
超・世界史通になれる世界史講義!
★Amazon.comいきなり1位!(New Releace in Geography)
世界話題の歴史書、日本上陸!
★「消えた48か国」で世界を読み解く
教科書では学べない超ディープなヒストリー
★東京大学名誉教授・本村凌二氏
『国家という生き物は、弱小国家であるほど覇権の内実が見える。
世界史の裏面があざやかに浮かび上がってくる。』

国家は思わぬ形で生まれ、滅ぶ。
本書は、滅んだ国で世界を読み解く
人類史上、類をみないプロジェクト。
知られざる「まさか」な史実の連続に
知的興奮続く、夢中で読める稀有な歴史書だ。

・「国境」引き間違えで誕生...コスパイア共和国
・「兵士」50人で不法建国...ソノラ共和国
・勘違いで「素人」に領土割譲...サラワク王国
・「暇」すぎて滅亡...エルバ公国
・謎の「住民投票」でロシア編入...クリミア共和国
・「モンゴル」なめすぎて滅亡...ホラズム etc.

様々な背景を抱え消えた国々の、知られざる史実が織りなす狂騒曲。
1つの国家がどのように誕生し、どのように滅びるのか
盛衰の様子がわかるとともに、
現代の我々に続く人類の「まさか」の足跡が感じられる
壮大で信じがたく、ときに普遍の人間心理が垣間見える
教科書に載らない歴史の数々。

永遠の繁栄は存在しない。
今こそ、国家の終焉から私たちは学ぶとき——。
読み終わった瞬間、
現代世界が違って見える。

【学校では学べない「滅亡国家史」】
◎人類の発明品「国家」の
始まりと終わり、根底構造がリアルにわかる!
「国が生まれる」とは?
「国がある」とは?
「国が消える」とは?

◎ストーリー調で面白い。
歴史が苦手でも一気に世界史通に!
滅亡国家史を学べる稀有な世界史本!

◎地図ストーリーで
記憶に残る! 知識が増える!
教科書外の世界史試験対策にも◎

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

About the author (2022)

ギデオン・デフォー(Gideon Defoe)
オックスフォード大学で考古学と人類学を専攻。作家、アニメ脚本家。『The Pirates!』シリーズの原作者。アカデミー賞にノミネートされた『The Pirates! In an Adventure with Scientists』の脚本を執筆。その他の著書に『How Animals Have Sex』、『Elite Dangerous: Docking is Difficult』など。ロックスミス・アニメーションやスタジオ・カナルで映像作品の制作にたずさわる。

英語翻訳者。訳書に『ビジネスアイデア・テスト 事業化を確実に成功させる44の検証ツール』(翔泳社)、『データ駆動型企業 「自律的意思決定」でビジネスを加速する5つのステージ』(日経BP)、『e-エストニア デジタル・ガバナンスの最前線』(共訳、日経BP)ほか。

Bibliographic information