死に至る病

Front Cover
岩波書店, 1957 - 237 pages
「死に至る病」とは絶望のことである。憂愁孤独の哲学者キェルケゴール(1813‐55)は、絶望におちいった人間の心理を奥ふかいひだにまで分けいって考察する。読者はここに人間精神の柔軟な探索者、無類の人間通の手を感じるであろう。後にくる実存哲学への道をひらいた歴史的著作でもある。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information