メタルカラーの時代, Volume 6

Front Cover
小学館, 2004 - 349 pages
働くものの分類は長らくホワイトカラーとブルーカラーのふたつだけで、技術開発に情熱を注ぐモノ作りの主役を指す言葉がなかった。そこで著者、山根一真が創案したのが「メタルカラー」である。そのメタルカラーたちに迫った実録証言集。本書では、宇宙と深海という人類未踏のふたつのフロンティアに挑む男たちが登場。やさしい言葉で綴られた証言からは、日本の大型ロケットの開発に取り組んだ者たちの情熱がいかに大きいものだったかがわかる。また「自律型無人潜水機」を世界で最初に開発したのが日本だったことに驚く。本書は、日本人の誇りを伝える歴史書でもある。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information