モデリングとフィードバック制御: 動的システムの解析

Front Cover
東京電機大学出版局, 2001 - 220 pages
工学において取り扱わなくてはならない動的な現象を、微分方程式により表現することは、この現象の理解ばかりか、望ましい挙動をするシステムを作り上げるためにも有効である。この本は、簡単な要素の動的な挙動を理解し表現する手法と、要素の集りによって構成されるシステムの挙動の表現法について述べている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information