近代文学と能楽

Front Cover
朝文社, 1991 - Japanese literature - 366 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
能楽が、漱石や子規をはじめ近代日本文学に果した役割は大きい。だが、このことは、今まであまり論じられてきていない。ここにふみ込んだ本書は、能楽からみた近代日本文学であり、文学からみた能楽の書である。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information