投機は経済を安定させるのか?: ケインズ『雇用・利子および貨幣の一般理論』を読み直す

Front Cover
現代書館, 2016 - 238 pages
本書はケインズ経済学の根底にある投機の問題を考察することでマネーゲームに沸く現代社会に警鐘を鳴らしたケインズのメッセージを読み解く。20世紀を代表する経済学者ケインズは百戦錬磨の投機家でもあった。その主著『一般理論』にはリアルな相場体験に裏打ちされた洞察が息づいている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information