国家をめぐるガバナンス論の現在

Front Cover
秋山和宏, 岩崎正洋
勁草書房, 2012 - 189 pages
ガバメントからガバナンスへ。一つの国家における政策決定過程の新しい形態であり、新しい民主主義理論として形成されつつあるガバナンス論を、重層的な視点から紹介する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information