アヴィニョン五重奏: あるいは情熱の争い

Front Cover
河出書房新社, May 30, 2014 - 234 pages
この愛は、何という呪いだろうか。友人同士を、そして愛する者と愛される者を仲たがいさせるとは。医師コンスタンスへの愛と、深く帰依するグノーシス主義の掟との間で引き裂かれるセバスチャンことアッファド。彼の苦悩を軸に、死の儀式を告げる手紙、迫り来る殺人者などサスペンスの要素も加わって、物語はスリリングに展開する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information