教育法学の原理と体系: 教育人権保障の法制研究

Front Cover
日本評論社, 2000 - Educational law and legislation - 312 pages
教育人権保障の21世紀への架橋。教育法学とは教育基本権という憲法原理に基づきそれを具体的に保障する法体系を追究すべき学問として提唱してきた著者が、いま進行している教育改革と教育現場における諸問題を鋭く指摘し、教育人権保障の現代的意義とともにその未来への課題を説く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information