現代ファイナンス入門

Front Cover
中央経済社, Sep 10, 1999 - 262 pages
現代ファイナンスの対象とする領域は、コーポレート・ファイナンスと投資理論からなる。意思決定に必要なリスク、期待収益率、資本コスト、株価等を時間的な価値で引き直して評価を行う手法は、会計のデータを利用するが会計的な手法とは異質である。従来の損益中心の経営評価から、より企業価値を高める経営への転換を意図した、新しい企業財務の入門書である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information