ランクA病院の愉悦

Front Cover
新潮社, 2016 - Japanese fiction - 239 pages
とんでもない医療格差が出現した近未来の日本。売れない作家の終田千粒は「ランクC病院」で銀行のATMに似たロボットの診察しか受けられない。そんな彼に「ランクA病院」潜入取材の注文が舞い込む表題作。“日本一の健康優良児”を目指す国家プロジェクトに選ばれた男の悲喜劇「健康増進モデル事業」など、奇抜な着想で医療の未来を映し出す傑作短篇集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information