せめぎあう中東欧・ロシアの歴史認識問題: ナチズムと社会主義の過去をめぐる葛藤

Front Cover
橋本伸也
ミネルヴァ書房, 2017 - 336 pages
冷戦後の世界において歴史認識と記憶がアイデンティティ・ポリティクスの焦点として浮上し、国内のみならず、諸国家・国民間の紛争要因に転じている。そうした紛争化が深刻な形で進行したのが、中東欧とロシアをはじめとしたポスト共産主義諸国である。本書では、中東欧諸国・ロシアにおける歴史政治の展開過程を広域的に捉え、欧州統合の進展と同時進行したナショナルな利害に沿った歴史政治が紛争化する局面を描く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

About the author (2017)

2017年12月現在
関西学院大学文学部教授

Bibliographic information