基礎からわかる水処理技術

Front Cover
株式会社 オーム社, Feb 24, 2015 - Technology & Engineering - 248 pages
水処理の技術・設備・関連法規等をわかりやすく解説

 水環境保全技術は、環境負荷の低減にとどまらず、排出水から積極的に物質やエネルギーとして回収して、地球環境的見地に立った省資源・省エネルギーという方向に進んでいます。

 本書は、水処理に関する技術・設備・関連法規等を現場の実情に基づいて重要と思われる項目に絞って記述した入門書で、水環境に関心を持つ専門外の一般読者、学生の方々にも理解しやすいように図解を駆使して分かりやすく記述しています。

 また、近年は新規制物質・超微量有害物質に対する処理技術の開発が着実に進んでおり、注目が集まっていますが、本書ではこれらの話題についても紹介しています。


★このような方におすすめ

水環境関連企業の新人および教育指導者。

水環境保全技術に関心を持つ方々。

 

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Contents

第1章 水質汚濁 公害から水環境への歴史
1
第2章 水処理設備の概要 命の水を守る施設
21
第3章 物理化学処理法 基本技術からハイテクまで
43
第4章 生物学的処理法 ミクロの決闘
67
第5章 有害物質の処理技術 環境汚染の救世主
85
第6章 下水処理設備の概要 第4のライフライン
109
第7章 汚泥処理 よみがえる不死鳥
125
第8章 汚泥焼却溶融設備の概要火の鳥とマグマ
141
第9章 し尿処理設備の概要 し尿処理の歩み
157
第10章 埋立浸出水処理設備の概要 地下水を守れ
171
第11章 低炭素循環型社会への貢献 水処理は資源の宝庫
185
第12章 水質と関連法規 水の羅針盤
199
参考文献
225
索引
230
奥付
237
Copyright

Common terms and phrases

Bibliographic information