法然対明恵: 鎌倉仏教の宗教対決

Front Cover
講談社, Oct 10, 1998 - Buddhism - 232 pages
人はいかにすれば救われるか。法然と明恵―鎌倉新旧仏教を代表する両者の思想対決は、私たちを根源的な問いへと誘う。現実か理想か。他力か自力か。そして、生と死の究極の姿とは。最新の宗教学の成果を踏まえ、二人の対決の彼方に宗教のアクチュアルな「力」の再生の可能性を探る、宗教のポストモダン。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information