水車小屋攻撃他七篇

Front Cover
岩波書店, 2015 - 348 pages
自然主義を提唱した長篇作家として知られるゾラ(1840‐1902)は、短篇小説の名手でもあった。戦争の愚劣さを、田園風景のなかで展開する牧歌的な恋と対比させることによって浮き彫りにした表題作のほか、人生の諸相を、ときに悲しく、ときにユーモラスに、多様に描いた七篇を収録。ゾラのあたらしい魅力に出会える一冊。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information