コンピュータネットワーク

Front Cover
池田克夫
オーム社, 2001 - 179 pages
本書は、幅広い大学の理工学部向けの教科書として、コンピュータネットワークの仕組みを学び、情報システムを構成しようとする技術者を志す人や、ネットワークを構成したり運用したりする技術者となろうとする人の入門書として、理解しやすいように平易に書かれたもの。コンピュータネットワークは何のために作られているか、そしてそれはどのようなものであり、どのように構成するかについて、目的追求の順序に従って述べられており、それぞれの分野の専門家によって解説されている。

What people are saying - Write a review

User Review - Flag as inappropriate

【ネットワークの原理に力点をおいた教科書】
ネットワークの原理に力点をおいている. 具体的なプロトコルについての説明はかぎられている. 大学の講義のためにはこういう題材のほうがあつかいやすいのかもしれない.
TCP/IP について
は 20 ページくらい,DNS やアプリケーションについてさらに 10 ページくらいをあてている. セキュリティやマルチメディアのほか,他の類似の教科書ではすくないのは光通信網の説明だろう.
http://www.kanadas.com/weblog/2011/09/post_1635.html
 

Bibliographic information