マンガに人生を学んで何が悪い?

Front Cover
ランダムハウス講談社, 2006 - Comic books, strips, etc - 253 pages
青春と恋愛、結婚と育児、そして老いと死。戦後マンガはいかに人生を描いてきたのか?マンガと社会の変化を身をもって体験してきた著者が、コマの構成、描線、余白の働きなど表現の仕組みに踏み込んで読み解く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information