原子力をめぐる科学者の社会的責任

Front Cover
岩波書店, 2011 - Nuclear energy - 319 pages
科学・技術政策が決定される場から批判的視点をもつ良心的な科学者がなぜ排除されるのか。あるいは、科学・技術政策に影響を与える形で世論と良心的な科学者がなぜ連携できないのか。現在、我々が直面しているこれらの大問題に、半世紀も前に取り組み奮闘した経験をもつ坂田昌一が残した言葉を集めて、あらためて読み解く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information