戦争犯罪を裁く上: ハーグ国際戦犯法廷の挑戦, Volume 1

Front Cover
NHK出版, 2011 - 304 pages
一九九〇年代に旧ユーゴ地域で起こった民族紛争は、戦争の二〇世紀を最悪の形で締めくくることになった。停戦を図る欧米諸国の外交努力がすべて裏切られるなか、法の力で蛮行をやめさせようと超国家的な機関が立ち上がる。戦争犯罪とは何か?それを裁くことに意味はあるのか?法律家たちが大国の思惑と戦い、人員と資金を調達し、身を危険にさらす現地での捜査に邁進して“法による正義”の実現に死力を尽くす姿を、裁判所の内部から描き出した貴重な記録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information