飛鳥の都: シリーズ日本古代史 3

Front Cover
岩波書店, 2011 - Japan - 220 pages
舞台はいよいよ飛鳥へ。歴代王宮がこの地に営まれた七世紀、中国大陸・朝鮮半島の動乱に翻弄されつつも、倭国はいくつもの改革を断行し、中央集権国家「日本」へと変貌を遂げていった。推古即位の背景から大化改新、白村江の戦い、壬申の乱、そして大宝律令成立前夜まで。考古学の成果も視野に、激動の時代の実像を最新の知見で描く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information