恋するフランス文学: 出会いから別れまでを読み解く

Front Cover
慶應義塾大学出版会, 2012 - 280 pages
お針子、人妻、娼婦の恋、同性愛と近親愛。「愛の国」の「愛のかたち」をなぞるように、最高に甘く、苦いフランス文学を味わいつくす。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information