食の実験場アメリカ: ファーストフード帝国のゆくえ

Front Cover
中央公論新社, Apr 25, 2019 - Convenience foods - 257 pages
先住インディアン、黒人奴隷、各国の移民らの食文化が融合したアメリカの食。そこからバーベキュー、フライドチキン、ハンバーガーなど独自の食文化が形成されたが、画一化されたファーストフードや肥満という問題をも引き起こした。そしていまアメリカではスシロールをはじめとする、ヘルシーとエスニックを掛け合わせた潮流が生まれ、食を基点に農業や地域社会の姿が変わろうとしている。食から読む移民大国の歴史と現在。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information