課税訴訟の理論と実務

Front Cover
税務経理協会, 1998 - 420 pages
執筆者は、それぞれの立場で課税訴訟の実務に現に携わっていたり、携わった経験を生かして、課税訴訟の実務に即した本を出版することとした。したがって、本書は、裁判例の分析を中心として、主に法律的な観点から論じたものである。また、本書の執筆に当たっては、簡明であることを心がけ、説明に当たり図表を用いたり、論点相互の関連性を明らかにするために、可能な限り“参照”すべき個所を示すなどの工夫をした。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information