幾何篇: 面積・体積・トポロジー

Front Cover
オイラーの流れを汲むロシアの数学は、若い才能を育てることにも力を注ぐ伝統があります。1934年からモスクワ大学で高校生向けの公開講座が開かれ、コルモゴロフ、ゲリファント、ポントリャーギンなど伝説的な数学者が講義をしていました。その伝統を受け継ぐべくモスクワ独立大学での講義を基に出版された「数学啓蒙」シリーズの中から選りすぐって「モスクワの数学ひろば」シリーズとして翻訳しました。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information