海に潜る: 地球環境のいま

Front Cover
筑摩書房, 1998 - 200 pages
世界でいちばん大きな砂の島、生命の木・マングローブ、サメの超能力、ザトウクジラの歌...。六十ヶ国の海を五千回以上潜っている著者が、いま世界の海で起きていることをレポートし、未来の地球環境を考える。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information