骨の学校, Volume 2

Front Cover
木魂社, 2003 - 246 pages
埼玉から沖縄にフィールドを移して三年、ゲッチョ先生こと盛口先生の骨集めの血は騒ぎ、こんどは「沖縄固有の」骨との出会いにのめり込んでしまった。先生のリュックはふたたび骨でいっぱいになり、各地の学校や講演にそのリュックを背負って飛びまわる「骨の旅人」となっている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information