カール・マルクス: 「資本主義」と闘った社会思想家

Front Cover
筑摩書房, 2016 - 263 pages
マルクスの理論はさまざまな悪罵を投げつけられてきた。だが、カール・マルクスその人の理論は、今なお社会変革の最強の武器であり続けている。本書は最新の文献研究からカール・マルクスの実像に迫り、その思想の核心を明らかにする。これまで知られてこなかった晩期マルクスの経済学批判のアクチュアリティが、今ここに甦る!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information