正法眼蔵

Front Cover
春秋社, 2002 - Zen Buddhism - 312 pages
宋より帰朝後、晩年に至るまで、正伝の仏法を広めるべく何度も書き改め、練り上げられた畢生の主著『正法眼蔵』。本巻では現成公案第一から大悟第十までの『眼蔵』全体の内容を凝縮したといえる総論的部分を収録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information