老女マノン・脂粉の顔他四篇

Front Cover
岩波書店, 2019 - 327 pages
父親の暴力、継母と異母弟妹に感じる疎外感、幼すぎた不幸な結婚、代用教員時代に見た社会の不正義など、自らの生い立ちを主たるモチーフとした中短篇。大正10年のデビュー作「脂粉の顔」から昭和3年発表の「老女マノン」まで、全集未収録作品を含む、社会派的視点も鮮やかな、宇野千代(1897‐1996)の知られざる初期作品群。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information