神の素粒子: 宇宙創成の謎に迫る究極の加速器

Front Cover
日経ナショナルジオグラフィック社, 2010 - 335 pages
加速器の頂点を極めた全周27kmの大型ハドロンコライダー。主な目標は、神の素粒子とも呼ばれるヒッグス粒子の発見だ。桁外れのエネルギーで宇宙創成期を再現し、質量の起源を探る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information