社会生物学の勝利: 批判者たちはどこで誤ったか

Front Cover
新曜社, 2004 - 416 pages
社会生物学の目標と成果を分かりやすく紹介してスティーブン・グールドら批判者の誤解と曲解を正し、社会科学、人文科学との生産的な対話の道を拓く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information