ミラン・クンデラの思想

Front Cover
平凡社, 1998 - 260 pages
本書は、クンデラの、短編群、『冗談』から最新作『ほんとうの私』にいたる長編、そして2冊の評論やインタビューを縦横・自在に横断し、「笑い」「性」「反抒情」「歴史」「越境」「キッチュ」「個人主義」といったクンデラ独特のテーマを鮮やかに読解していく。この思想的対話ともいうべき作業によって、現代人の行方を問うクンデラ文学の核心に迫った、著者会心の書き下ろし批評。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information